「神待ち」カテゴリーアーカイブ

24歳独身女性フリーター神待ち日記

私は現在フリーターで、派遣会社から仕事の入った時にイベントの仕事をしたりしてと生活しています。
正社員ではないので仕事はどうしても不安定で、たくさん稼げる月もあれば家賃と光熱費と携帯代くらいしか稼げず貯金を切り崩して生活しなければいけない月もあります。
仕事で一緒になるイベントコンパニオンの女の子たちはお洒落で可愛い子たちが多いこともあって、洋服や靴などももっと買いたいのに、今の収入だとなかなか買えないのです。
ある時一緒に仕事をした女の子と仲良くなって、この仕事は収入が安定しないという話を二人でした時に、彼女は神待ち掲示板で神待ちをし、お金を持っている男性から洋服などを買ってもらっているということを教えてくれました。
私も神待ちという言葉は知っていましたが、知らない男性と掲示板で神待ちして知り合って会うということが怖く、それまで実際に神待ちしたことはなかったのですが、収入の
少ない月に切り崩している僅かな貯金もいよいよ残り少なくなってきていましたし、洋服を買うお金も欲しいので思い切って神待ち掲示板を利用してみることにしました。
自分のプロフィールを入力し、返事を待っていると間もなく神様となる男性から返信が来て実際に会うことになりました。
最初から金銭や洋服のおねだりをするのは気が引けた部分もあり、またがっついていると思われると男性からの要求もどんどん高くなってしまうのではないかという思いから、最初の待ち合わせでは結局ご飯を奢ってもらってそれで帰ってきました。
次に返信があった神様からは、最初に会った時に「具体的には何が欲しいの?」と言ってもらったこともあって私は正直に「洋服が欲しいけど買うお金がない」と言いました。
どんな洋服が欲しいのかと聞かれ、私が好きなブランドを答え携帯サイトでそのブランドのサイトを見せると、「その値段帯の洋服だったら一回付き合ってくれたら一緒にショップに行って、上下それぞれと靴を揃えてあげる」と答えてくれました。
そして、次に会った時にまずはホテルに行ってそのあとそのショップに二人で行って本当に洋服と靴を買ってもらいました。しかも優しい男性だったのでホテルでも優しくリードしてくれましたし、ショップでは洋服と靴に合わせてバッグまで買ってもらえました。